HOME >>  土木設計用ソフト一覧  >> 視距拡幅計算
視距拡幅計算ソフトの御紹介

ソフトの名称

   「視距拡幅計算」 Ver.1.1   (最新登録 2000/04/08)

ソフトの内容・特徴

  • 道路曲線部の視距拡幅量の計算をします。
  • 拡幅量の算定式は「道路構造令の解説と運用」によります。

ソフトの適用分野

    道路平面線形検討、視距拡幅量の算定

ソフトの価格

    フリーソフト(無料)

ソフトのダウンロード

   下のボタンを押して、ダウンロードすることができます。
   ※:ダウンロードファイルはZIP型式の圧縮ファイルです。任意のフォルダで解凍してください。

スクリーンショット

■計算条件入力画面
easycros-input
 
■計算結果画面
easycros-output

本ソフトを作成する際に参考とした文献

  • 「道路構造令の解説と運用(昭和58年2月)」(日本道路協会)

動作環境

  • OS :Microsoft Windows 2000 / XP / VISTA / 7 (32bit)
  • Microsoft EXCEL 2000 / 2002(XP) / 2003
  • EXCEL 2002/2003で動作確認済み

お客様の同意について

当ソフトを使用したことにより生じたいかなる損害に対して作成者および掲載者は一切の責任を負いません。 あらゆる損害の免責をご承諾いただくことを使用条件と致します。

ソフトの更新履歴

2000/04/08
Ver.1.0: ホームページに登録・公開
1997/02/24
Ver.1.0: 古くからあったファイルを公開用に手直し